2008
09.08

足を洗うというのは二つの意味がある。「足を洗う」は悪いこと(特に犯罪とか)を止めるという意味もある!

よく気になるけど、足を洗うと言われても、feetを洗うかlegsを洗うか、どっちか分かんないよね。日本人だったら気にならなさそうだけどね。子供に「足を洗いなさい」と言ったら、子供がどこを洗うのでしょう?「足首まで洗ってね」とか、言う?



コメント(5)

コメントをする
  1. そうだね。
    「足を洗う」と聞いて普通思い浮かべるのは「犯罪から足を洗う」って意味かな。
    子供に足を洗いなさい!!と言ったら、それはLegじゃなくて、Footだと思うよ。

  2. Avispaさん、
    お久しぶり!コメントありがとう。
    やっぱりfootか。「足が痛い」と言われたら、どう?この場合はどこが痛いかよく分かんないでしょう?

  3. 横槍失礼しま~す。
    私は、「足が痛い」は、footもlegも全体的に痛いときに使ってます。
    例えば、「歩きすぎて足が痛い」とか。
    でも、特別に痛い部分があるときには「ひざが痛い」のように、その部分の名前を言います。
    こういう表現方法の違いは、どうして生まれたんでしょうね。同じ人間なのに!生活環境の違いでしょうか?

  4. でも、footという言葉がないのでfootをかげしたときは指を指さないと説明がよく出来ないでしょう。足だけなら分からないからです。

  5. そうですね、footを表す言葉はないですね。
    だから、指をさしてその部分を伝えるか、具体的に「足の甲をけがしました」と、部分の名前を言って伝えますね。
    言葉って面白い!

コメント