2021
04.27

僕らのバイリンガルの育て方は単純。それはひたすら日本語の環境を作ることだ。

まずは妻とは家で、少なくとも子供の前で、日本語しか喋らないようにしてる。他のロンドン住まいの家庭を見るとやっぱり親が2人とも日本人の場合は子供がバイリンガルになるケースは多い。僕の日本語はネーティブじゃないけど日常会話ならあまり苦労はしない。家では遊び・テレビとかも日本語を重要視してる。

外出の時にも子供とは日本語を喋るけど、日本人が分からない人と一緒にいれば控えてることがある。こっちの親戚と一緒にいる時は場合による。こういう時なら英語も日本語も使ったりする。

後は、機会を作ってロンドンに住んでる日本人と接することも大切だと思う。

定期的に日本のおじいさんとおばあさんとビデオ電話。これで日本語を話したくなる。

日本に行くのもすごく刺激を与えるから大事だ思ってるできるだけ行かせてあげたい。だた、頻繫に行けるわけじゃない。

ネーティブ程度の発音は期待してない。日本語を流暢に話せるようになってくれればすごく嬉しい。

読み書きに関してもすごく期待してるわけじゃない。スパルタ教育をしないで徐々に教えようと思ってる。

英語はイギリスのロンドン育ちで現地の保育園・学校に通ってるから得に心配してない。英語の発達が遅れてたら話は別だけど今までは問題ない。

また今度もっと詳しく書こう!



コメントがない

コメントをする

コメント