2007
01.14

日本の本屋さんってよく分からない!作家の名前じゃなくて出版社で分けてる。友達と一緒に本屋さんに行って彼はパソコンを使って俺が探してた本のある場所を見つけてくれた。一人じゃなくてよかった!

勉強のため吉本ばなな(よしもとばなな)の「キッチン」と村上春樹(むらかみはるき)の「カンガルー日和」と「生協の白石さん(せいきょうのしらいしさん)」というお進められた本を買った。まだ読み始めてないけど…

まずはハリーポッターだ。今はページ42くらい…まだまだ。



コメント(4)

コメントをする
  1. 「奨められた」だと思うけど。「進める」より意味が違うんだ。漢字で書く場合には「奨」のほかに「勧」と「薦」の字も使われているらしい、かなで書くほうが簡単だと思う。そして「御」接頭は名詞だけに付けられているそうだ。もし誰かがもっと詳しいなら、教えてね。
    私は最近忙しくてほとんど本を読む時間が見つからない。そのゆえにあまり本を買わない。読み切れなければ金の無駄だ。それって私の意見だ。昔、読書が結構好きだった、じゃ、それは時間があったからさ。そのハリーポッターもな、最後のを今でも楽しみにしている。

  2. そうなんですか?「奨」ですね。初めて見ました。覚えておきましょう!
    私も時間があまりなんですが、本があれば勉強する気が出ると思って沢山の本を買ってしまいます。
    私はいつか電子辞書なしでハリーポッターが読めるようになるといいですね。

  3. 日本語でハリーポッターをよんでどうですか。どの本ですか。

  4. まだ少ししか読んでないし読むのが時間かかるしどうですかと言われてもよく分からないのです。英語編を読めばもっと楽しむはずですけれど日本語の勉強のため日本語編を読むことにしました。
    読んでるのは賢者の石(The Philosopher’s Stone)です.

コメント