2008
03.26

Arare Hyou

霰(あられ)- hail
雹(ひょう)- hail

二つの言葉があるんですが、意味は全く同じですか?使い方は違いますか?

あられという菓子は美味しいですよね。一つ目の違いですね。



コメント(5)

コメントをする
  1. はじめまして。
    霰と雹の二つ目の違いは、大きさですよ。
    霰のほうが小さいです。直径が5mm未満の
    物が霰で、それ以上のものは雹と呼ぶそうです。
    使い方は一緒で、「雹が降る」「霰が降る」です。
    ちょっとお恥ずかしい話ですが、
    私は、霰も雹も霙も、漢字で書けません。
    いつもひらがなで書いてます。

  2. おのまとぺ夫人さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    違いはサイズでしたね。ところで、初めて「直径(ちょっけい)= diameter」を知りました。
    おのまとぺ夫人さんのサイトは素敵ですね。勉強になります。日本語教師ですか?

  3. Darrenさん、サイトを見てくださったんですね。
    どうもありがとうございました。
    おのまとぺ夫人の職業は、秘密なんです(笑)。
    別の名前で、日本語教師として働いています。
    擬音語擬態語を使いこなすのは、なかなか難しいと思いますが、使えるようになると便利なので、よかったらまたサイトに遊びに来てくださいね。
    私も、Darrenさんの更新を楽しみにしています。

  4. え?そうなんですか?
    あられは、雪になりそこなった雪と雹の中間のもので、主に冬に降るもの。
    雹はすごい嵐の時に降る氷の塊で、夏にも降るもの。
    と、子供の頃から信じ込んでいましたが、違うんですか?
    Darrenさん、お久しぶりです。以前に一度コメントしたSilです。能力試験1級合格、おめでとうございます!

  5. Silさん、
    ありがとうございます!お久しぶりですね。また来てくださいね。

コメント