2010
01.03

新年の抱負(しんねんのほうふ)- New year’s resolution(s)
抱負(ほうふ)- aspiration; ambition

日本人も同じことあるんだね。



コメント(9)

コメントをする
  1. イギリスでも、同じような言葉あるんだね。
    新年の抱負と単に抱負では単語が違うんだね。
    僕の抱負は「ボレーの向上」です。

  2. ボレーか?いいね。僕はサーブの向上!本当に上手くならないな。

  3. はじめまして。私は英語を勉強しています。From 日本
    私の初打ちは台湾でした。たくさん叩いちゃった(・Θ・;)アセアセ…

    ロンドンで初打ちしましたか。寒かったでしょう!? 割とロンドンっ子も冬ゴルフはするのでしょうか?
    私の抱負は、やっぱり「ゴルフのスコアアップ!」にしておきます。

  4. 久しぶりにダレンの日記みたよ☆

    抱負

    勉強になるなぁ。

    私の今年の抱負「試合にいっぱい出る」です。

    えりこ

  5. ayaさん、
    そう、寒かったですよ。
    本当にゴルフ好きですか?スコアをアップしたいのですか?!

    えりこ、
    よく来てくれたね。=)
    「試合に出る」という抱負はいいね。俺もそうしたいけど出なさそうだよね。(汗)

  6. ゴルフは大好きですよ。去年の夏はイギリスに行ってゴルフをしてきました。素晴らしいゴルフ場だったし、イギリスの人と一緒にまわって面白かった♪

    今年はたくさん上手くなろうと思います。って、去年も確か同じこと言ってた気がするけど!

  7. 普通はスコアを下げたいじゃないですか?日本語でスコアアップといいますか?

    イギリスのコースを回ったことがあるんですね。日本のゴルフ場のほうがいいでしょう?こちらの芝のほうが好きですけど。

  8. なるほど、「スコアアップ」の意味がおかしいということで疑問形だったのですね。 日本では、スコアを良くすること、ゴルフではスコアをより少なく打つ方の意味で「スコアアップ」と言います。
    日本語英語の意味なのでしょう。

    試しにグーグルで「スコアアップ」と検索してみてください。 「ゴルフをスコアアップさせる方法!」とか、英語の資格試験でスコアアップする方法、という感じでたくさんヒットしますよ。
    因みに自分の中で最高に良いスコアを出したときは「ベスト更新」と言います。英語も一緒ですか?
    日本のゴルフで使うスコアアップは良い意味ですが、それに対して悪い意味では、

    例えばトーナメントなどでボギーを叩いてしまった場合は、「タイガー、スコアをひとつ落としました。」などと表現します。
    悪いスコアの時は、「今日はたくさん叩いた。」とか言いますね。

    日本のコースはラフを短く刈って、良いスコアが出やすいようなメンテナンスをしているコースがほとんどです。イギリスのラフが腰まであるようなコースでラウンドしたときは、ボールがなくなっちゃって苦労したけど、自然の中でゴルフをしている感じで楽しかった。
    あと日本のコースは、隣りのホールとの間は高い木(よくあるのが杉の木)でセパレートされていて圧迫感があるけど、外国のコースはリンクス風で、低木があるくらいで広々とした風景なところも多いから、それはそれで日本人にとっては新鮮で素晴らしい景色です。

  9. 失礼しました。スコアアップと言うんですね。ゴルフだと英語ではそう言わないです。

    イギリスのラフのほうが大変ですか?確かにそうかもしれないです。日本でもゴルフをするのが好きですけど、サービスとかが良すぎでたまにリラクスが出来ないです。しかも、カートで回るしゆっくり楽しめないと思うときもあります。でも一番嫌のは値段です!

    色々教えてくれてありがとうございます。勉強になりました。

コメント